皮脂の分泌を除去していこう

肌トラブルの中でも、毛穴のつまりや黒ずみに悩んでいる方は多いでしょう。毛穴は古い角栓が原因で広がってしまいます。古い角栓は、時間の経過と共に酸化して黒くなってきます。黒ずんだ角栓は、肌のトーンを暗く見せる原因にもなり、不潔な印象を与えてしまいます。正しい洗顔やスキンケアで、角栓を除去していきましょう。

笑顔の女性

まず洗顔の際には、いつもと違ったひと手間を加えていきましょう。蒸しタオルを使って毛穴を開いていきましょう。水分を含ませたタオルを用意して、固く絞った後にレンジで数分温めます。適度な熱さになったタオルを顔にのせて、毛穴が開いていくのを待ちます。蒸しタオルを作るのが面倒な人は、入浴の際に出る蒸気を利用して顔を温めましょう。

毛穴が開いた後にはたっぷりの泡で洗顔を行ないます。この時は肌を擦らない様に注意しながら洗顔していきましょう。弾力のある泡を使って、毛穴の黒ずみが目立つ場所をマッサージする様なイメージで洗っていきましょう。メイクを落とす時はオイルクレンジングを使うと、古い角質も一緒に除去することができます。くるくると円を描く様に鼻筋を洗顔していくと、次第にざらざらとした手触りに変化していきます。手触りが変わってくる頃には、目で古くなった角質が取れたのが確認できます。

洗顔を終えた後は、保湿をしっかりと行なうことも重要です。この時たっぷりと化粧水を使って肌に潤いを与えていきましょう。皮脂の分泌が気になる人は、収れん化粧水を使うと、肌が引き締まります。

肌質によって使い分ける

2人の女性

肌質に合った洗顔石鹸を使うと、肌の皮脂や水分のバランスを整えることができます。肌質は大まかに分けて3種類存在し、普通肌や脂性肌、乾燥肌があります。自分の肌質を調べてから洗顔石鹸を使いましょう。

洗顔石鹸を選ぶ時には、自分の肌質に合った石鹸を選ぶことが重要です。肌質に合わない石鹸を選んでしまうと、皮脂量や水分量のバランスが崩れて肌荒れの原因になってしまいます。普通肌や脂性肌の方は、ヤシ油やパーム核油が配合された洗顔石鹸を使うと良いでしょう。ヤシ油やパーム核油は、肌の潤いを維持しながら汚れを落とすことができます。しかし、ヤシ油やパーム核油は低い温度では溶けにくいので、洗顔を行なう時に時間が掛かってしまうこともあります。

乾燥肌の方は、オリーブ油や米ぬか油が配合された洗顔石鹸を使うと良いでしょう。オリーブ油や米ぬか油は、肌への刺激が少なく、水分や油分のバランスを整えてくれる働きがあります。乾燥肌の方は、洗顔の際に必要な油分まで洗い流さない様に注意しましょう。

おすすめの記事